Open Indiana+PureFTPdでVirtual Userの設定をした

お友達からflacでくれとリクエストがあった。
うちには既にOpen Indiana(Solaris系)のファイルサーバがあって、PureFTPdが動いている。
せっかくPureFTPdサーバがあるので、そこからflacをお友達に配信したい。
でもお友達は理系なので、下手にUnixを覚えてSSHでログインとかされると厄介だ。
恥ずかしいファイルを見られたくないので、chrootもしたい。
だからPureFTPdのVirtual User+Virtual Host機能を使って、music仮想ユーザに対しmusicディレクトリだけを公開することにした。
なお、お友達は信用できる人物なので、ファイルの追加・削除の権限についてはとりあえず気にしない。

# Find my environment
uname -a
    SunOS fg-hyper 5.11 oi_151a8 i86pc i386 i86pc Solaris

svcs -a | grep pureftpd
online          1:05:26 svc:/network/pureftpd:default

# Rebuild pureftpd with virtual user option
wget --no-check-certificate https://download.pureftpd.org/pub/pure-ftpd/releases/pure-ftpd-1.0.37.tar.gz
tar xvzf pure-ftpd-1.0.37.tar.gz
cd pure-ftpd-1.0.37
./configure --with-virtualchroot --with-puredb
make
make install

# Add system group and user
groupadd friend
useradd -g friend -s /bin/false -d /dev/null friend

# Add virtual user to pureftpd.pdb
pure-pw useradd music -u friend -d /house/library/music
pure-pw passwd music

# Show all virtual users
cat /etc/pureftpd.passwd

# Update raw db for pureftpd
pure-pw mkdb

# Modify command for svcadm start
vi /var/svc/manifest/network/pureftpd.xml

    exec_method type="method" name="start"
        exec="/usr/local/sbin/pure-ftpd -A -B -c 10 -i -l puredb:/etc/pureftpd.pdb -u 100" timeout_seconds="60" /

svccfg import /var/svc/manifest/network/pureftpd.xml 

# Restart pureftpd!
# I supposed pureftpd running
svcadm restart svc:/network/pureftpd

–with-puredbでビルドしなきゃだめなことに気づけず、すごく苦労した。
でもわかったらすぐにできたのでよかったです。
PureFTPdはいま、1.0.42.0までいってるけど、なぜかビルドできなかったしコンパイル通す体力が無かったのでそのままにした。

One Comment

  1. Johne364
    Posted 2017年5月2日 at 12:28 AM | Permalink

    I really like your writing style, fantastic information, thanks for putting up ekdededddddc

One Trackback

  1. By Hypnosis real on 2017年4月24日 at 12:21 PM

    Hypnosis real

    Open Indiana+PureFTPdでVirtual Userの設定をした – 放置演算子

Post a Comment

Your email is never shared.

引く

PageTop