Open Indiana+PureFTPdでVirtual Userの設定をした

お友達からflacでくれとリクエストがあった。
うちには既にOpen Indiana(Solaris系)のファイルサーバがあって、PureFTPdが動いている。
せっかくPureFTPdサーバがあるので、そこからflacをお友達に配信したい。
でもお友達は理系なので、下手にUnixを覚えてSSHでログインとかされると厄介だ。
恥ずかしいファイルを見られたくないので、chrootもしたい。
だからPureFTPdのVirtual User+Virtual Host機能を使って、music仮想ユーザに対しmusicディレクトリだけを公開することにした。
なお、お友達は信用できる人物なので、ファイルの追加・削除の権限についてはとりあえず気にしない。

# Find my environment
uname -a
    SunOS fg-hyper 5.11 oi_151a8 i86pc i386 i86pc Solaris

svcs -a | grep pureftpd
online          1:05:26 svc:/network/pureftpd:default

# Rebuild pureftpd with virtual user option
wget --no-check-certificate https://download.pureftpd.org/pub/pure-ftpd/releases/pure-ftpd-1.0.37.tar.gz
tar xvzf pure-ftpd-1.0.37.tar.gz
cd pure-ftpd-1.0.37
./configure --with-virtualchroot --with-puredb
make
make install

# Add system group and user
groupadd friend
useradd -g friend -s /bin/false -d /dev/null friend

# Add virtual user to pureftpd.pdb
pure-pw useradd music -u friend -d /house/library/music
pure-pw passwd music

# Show all virtual users
cat /etc/pureftpd.passwd

# Update raw db for pureftpd
pure-pw mkdb

# Modify command for svcadm start
vi /var/svc/manifest/network/pureftpd.xml

    exec_method type="method" name="start"
        exec="/usr/local/sbin/pure-ftpd -A -B -c 10 -i -l puredb:/etc/pureftpd.pdb -u 100" timeout_seconds="60" /

svccfg import /var/svc/manifest/network/pureftpd.xml 

# Restart pureftpd!
# I supposed pureftpd running
svcadm restart svc:/network/pureftpd

–with-puredbでビルドしなきゃだめなことに気づけず、すごく苦労した。
でもわかったらすぐにできたのでよかったです。
PureFTPdはいま、1.0.42.0までいってるけど、なぜかビルドできなかったしコンパイル通す体力が無かったのでそのままにした。

Linux版OperaでSound Cloudの曲が再生されない

なんかSound Cloudの曲が再生できなくて困ってたけど、
opera:configから、

Enable On Demand Plugin Placeholder

のチェックを外したら直った。

Opera について
バージョン情報
バージョン       12.16
Build            1860
プラットフォーム Linux
システム         i686, 3.13.5-101.fc19.i686.PAE

Opera について

HDBC-MySQLのRow retrieval was canceled by mysql_stmt_close() call対策

ここでは、HaskellでMySQLを使うためのライブラリであるHDBC-MySQLを用いたときに出ることのあるエラーを回避するためのTipsをダラダラと書く。なお、技術力不足により、全容を明らかにしたわけではない。

この記事は、HDBC-mysqlを使うのが難しいの続きである。

Read More »

HDBC-mysqlを使うのが難しい

MariaDB + Haskellをしてみるために、HDBC-mysqlを使ってみることにした。

そこで、まずは普通にcabalでインストールしようとしてみるも、

 % uname -a
Linux fg-prime 3.12.8-200.fc19.i686.PAE #1 SMP Thu Jan 16 04:29:09 UTC 2014 i686 i686 i386 GNU/Linux
 % cabal --version
cabal-install version 1.18.0.2
using version 1.18.1.2 of the Cabal library
 % cabal install HDBC-mysql
Resolving dependencies...
In order, the following will be installed:
HDBC-mysql-0.6.6.1
[1 of 1] Compiling Main             ( /tmp/HDBC-mysql-0.6.6.1-7576/HDBC-mysql-0.6.6.1/Setup.lhs, /tmp/HDBC-mysql-0.6.6.1-7576/HDBC-mysql-0.6.6.1/dist/setup/Main.o )

/tmp/HDBC-mysql-0.6.6.1-7576/HDBC-mysql-0.6.6.1/Setup.lhs:30:7:
    Couldn't match type `IO (Maybe FilePath)'
                  with `ProgramSearchPath -> IO (Maybe FilePath)'
    Expected type: IO (Maybe FilePath)
                   -> (Maybe FilePath -> IO (Maybe FilePath))
                   -> ProgramSearchPath
                   -> IO (Maybe FilePath)
      Actual type: IO (Maybe FilePath)
                   -> (Maybe FilePath -> IO (Maybe FilePath)) -> IO (Maybe FilePath)
    In a stmt of a 'do' block:
      mysql_config < - findProgramOnPath "mysql_config" verbosity
    In the expression:
      do { mysql_config <- findProgramOnPath "mysql_config" verbosity;
           mysql_config5 <- findProgramOnPath "mysql_config5" verbosity;
           return (mysql_config `mplus` mysql_config5) }
    In the `programFindLocation' field of a record
Failed to install HDBC-mysql-0.6.6.1
cabal: Error: some packages failed to install:
HDBC-mysql-0.6.6.1 failed during the configure step. The exception was:
ExitFailure 1

といわれた。

Read More »

UEFI Default have been loaded

症状

スクリーンはかく語る

UEFI Default have been loaded
Press F2 or DEL to run setup
Press F1 to continue

またPOSTコードはかく語る

A2

通訳

IDE Detect

困ること

BIOSとか見れない。POSTコードの変化を眺めるだけのためにPC一式を保有するのは、ややコストパフォーマンスが悪いと言わざるを得ない。

Read More »

引く

PageTop